【 働き方 】

【 働き方 】はたらくってなに?

『 はたらく 』。あなたは何のために働いていますか? 働くとはなんでしょう?

なんでも屋さんとして活動する、粋々ほうしの井上が 「 働くってなんだろうね 」。とイベントで話をしていました。

はたらく = お金が発生する?
はたらいていない = お金が発生しない?

今回の記事は『 はたらく 』について考えてみました。

働く=お金?

止まっていたものが急に動くこと。

身体を動かすこと

語源由来辞典より

働くという言葉は元々お金を得るとか得ないとか関係ないんですよね。働いた報酬としてお金という対価を得られる。これが『 働く=お金 』となってしまったんでしょうね。

私は、働くことは生きることだと考えています。お金だけではなく、どうやって人生を生きていくのか。生きると働くは切り離すことができない時代。ちょっと解説しますね♪

はたらく=生きること

はたらくは生きること。人生100年時代と呼ばれる時代になりました。定年退職が無くなり、特定の企業に勤めることが全てではなくなります。今までは60~65歳を目途に仕事を引退し、年金を受け取りながら余生を過ごす。こんなライフスタイルが当たり前。しかし、少子高齢化が急速に加速し、労働人口が減少し、年金を受け取る人口が増えます。今までより少ない労働人口で大勢を支える時代に突入します。

定年退職の時期が遅くなる=働く期間が今までより長くなる。20代で就職し60代まで働いていればよかったのに、70~80代までの労働を求められるかもしれません。65歳からの余生を過ごすライフスタイルは一定の人しか送ることができないかも…。

  • 貯金をしよう
  • 資産運用をしよう
  • 老後の人生設計をしよう

本当に正しいこと? 将来のことを考えて、今から貯蓄を考えるのが正しいことでしょうか? 2020年4月現在、感染症拡大に伴い、世の中がこんなに変わると思った人はいないでしょう。将来のことは誰にも分かりません。社会情勢や社会保障費の変動など。自分が制御できないことを気にしても仕方ないのではと思っています。

それより…

自分が楽しく、長く働く方法はなんだろう。働くことは自分の人生を考えることと同義。最近はこんな風に考えています。

はたらく=生きること

もっと自由で良いじゃん

・辛いことを我慢して働く
・生活のために働く
・家族のために働く

はたらくことは生きること。もっと自由に色んな働き方を選択できるような世界になったらいいのにと感じています。

「 そんなに簡単にできない 」
「 できたら苦労しない 」

それはもちろんです。知らないことは誰もできません。『 好きなことで生きていく 』。有名なキャッチコピーですが、誰もがYouTubeで有名にはなれません。しかし、有名にならなくても、楽しく働く方法を考えて、行動することはできます。

人生に余白を

朝起きて
昼間は働いて
夜は寝て
休日はお昼に起きてダラダラ

あなたの生活に余白はありますか?

忙しくて、自分の時間を取ることができていない人。まずは、自分と向き合う時間をつくりましょう。朝の5分でも夜の5分でも構いません。感染症拡大に伴い、時間を持て余している人。この機会に自分自身と向き合う時間を設けましょう。

生活には余白が大切です。

忙しい生活を送っていると、自分自身と向き合う時間を設けることができません。意識的に自分と向き合うようにしましょう。

自分自身との向き合い方は下記より

自分自身と向き合うこと。生活の中にちょっとした余白を設けることで新しい何かが生まれます。

最後に

自分と向き合う。1人で向き合うのは大変です。はたぷろではあなたの働き方を変えるお手伝いもしています。興味のある方はお気軽に問い合わせくださいね♪

井上さんの活動はこちらから