【 健康相談 】カメラマン女性 「 肩が凝るんです 」

カメラマンの女性から健康相談の依頼がありました。

「 肩が凝るんです 」

その一部始終を記事にします。

三浦

調子はどうですか?

女性

よく肩が凝るんです

アイコン名を入力

撮影以外に負担になる仕事はありますか?

どんな風に座っていますか?

アイコン名を入力

PC作業や接客を行います。

椅子はこんな風に座っています( オンラインにて確認 )

・生活習慣の確認
・症状の確認
・身体状況の確認

今回の女性の場合、撮影以外にPC作業や接客といった業務量が多い様子。この場合、撮影時の姿勢を修正することは得策ではありません。最初は生活の中で負担がかかっていそうな『 座っている時の姿勢 』を修正することにしました。

  • PCと椅子の位置
  • PCと目線の高さ
  • PCと肩ー肘のポジション

これらの提案をさせていただきました。

McGillという研究者は…

「関節を20分以上屈曲したままでいると、軟部組織組織に変性をきたし、それを回復するためには40分以上かかる」

McGill

同じ姿勢でいると筋肉が硬くなることが分かっていると。もちろん、定期的に姿勢を整えることは大事です。しかし、座っている姿勢を修正することで筋肉や関節にかかる負担を和らげることもできます。

次に大事なのはストレッチ。

肩が凝っている。多くの人は肩や肩甲骨周りのストレッチ方法を提案します。もちろん、大事なことですが、私は足腰のストレッチから始めるように提案しています。理由はいくつかあるのですが…

慢性的に凝っている筋肉はいきなり伸ばさない方が良い!

理由はオンライン健康相談を申し込んでいただいた時に解説しますが…。

慢性的な肩こり。今回は足の後ろ側と腰回りのストレッチを重点的に提案しました。

アイコン名を入力

ということで、足腰のストレッチをやってみましょう

アイコン名を入力

( ストレッチ実施後 )

案外、楽になるんですね。

オンラインにて複数カメラを用意しているため、ストレッチも様々な角度から解説をさせていただいています。

今回の女性は先日2か月目の相談がありました。その時は肩こりも和らぎ、あまり気にならなくなっているとのこと。オンラインでもできることはたくさんありますよ♪

お気軽に相談にきてください♪